繰り上げ返済をし過ぎると住宅ローン減税の減税額が減る


住宅ローンなどの返済には繰り上げ返済というものがあるので
臨時収入があった時などはこの繰り上げ返済をすると予定よりも早く返済し終わることもあります。
とても便利なので利用している人も多いですが、
あまり繰り上げ返済をし過ぎると今度は住宅ローン減税の減税額が少なくなってしまいます。

ですので住宅ローン減税を受けたいと思っている人は
そんなに早いうちから繰り上げ返済はしないという人も多いようですよ。

なぜ繰り上げ返済をすると住宅ローン減税の減税額が少なくなるのかというと、
この減税は借入額に応じて減税額が変わるからです。
減税額は借入額の1%程度と言われているので額が少なくなると
自然に減税額も少なくなってしまうのです。

スポンサードリンク

それでも控除を受けることはできるのですが、
できるだけ多くの減税効果を得たいと思っているのであれば
早期から繰り上げ返済をしていくのではなくどのタイミングで始めたらいいのかを
良く考えながら利用していった方が得になるかと思います。

税金は何かと負担になるものですのでその負担が少しでも軽くなるのでしたら
最大限上手に利用した方が得ですしこちらも楽になりますので
こういったことについて良く調べてみるといいかもしれませんよ。



posted by 借金・ローン at | 住宅に関する控除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。