連帯債務では住宅ローン減税が受けられないこともある


住宅ローンを利用している人の中には夫婦で返済をする連帯債務を利用している人も多いと思います。
連帯債務であれば夫だけではなく妻も住宅ローン減税を受けることができるようになるので
それを狙っているかと思いますが、場合によっては
妻の住宅ローン減税を受けることができなくなる場合があるので注意してください。

妻が住宅ローン減税を受けられなくなるケースは、夫の収入に合算して住宅ローンを借りる場合や
夫婦連帯債務の条件によってです。

夫の収入に合算する場合は夫が契約者となり妻が連帯保証人となるので
住宅ローン減税を受けられるのは夫のみとなり妻は対象外になります。
夫婦連帯債務の場合は妻も受けられる事が多いのですが、
場合によって対象外になることもあるので気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

妻と夫で別々に借りて返済していく方法を利用すれば
妻と夫が住宅ローン減税を受けることができるようになるようですので
もし利用したいと思っているローン会社が夫婦連帯債務を認めていないのでしたら
こういった方法を利用してみるといいかもしれませんよ。

ちょっと面倒なこともあるかもしれませんが
どうしても夫婦で住宅ローン減税を受けたいのでしたら
いろいろな方法を探しながらやっていくようにしましょう。



posted by 借金・ローン at | 住宅に関する控除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。