ブラックリストでも借りれる住宅ローンは条件が厳しくなる?


ブラックリストでも借りれる住宅ローンを探している人もたくさんいると思います。
どうしても必要になった場合はかなり苦労するかもしれませんが、
実際に探してみるとブラックリストでも借りれる住宅ローンは意外とあるようなので、
必要であれば探してみるといいかもしれませんよ。

ブラックリストでも借りれる住宅ローンの特徴としては、
他社よりも審査が緩い、保証人が必要になる、保証料や金利が高くなるなど
便利な所もありますが、不便に感じる部分も多くなってきます。
続きを読む
posted by GUEST at | 住宅に関する控除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連帯債務では住宅ローン減税が受けられないこともある


住宅ローンを利用している人の中には夫婦で返済をする連帯債務を利用している人も多いと思います。
連帯債務であれば夫だけではなく妻も住宅ローン減税を受けることができるようになるので
それを狙っているかと思いますが、場合によっては
妻の住宅ローン減税を受けることができなくなる場合があるので注意してください。

妻が住宅ローン減税を受けられなくなるケースは、夫の収入に合算して住宅ローンを借りる場合や
夫婦連帯債務の条件によってです。

夫の収入に合算する場合は夫が契約者となり妻が連帯保証人となるので
住宅ローン減税を受けられるのは夫のみとなり妻は対象外になります。
夫婦連帯債務の場合は妻も受けられる事が多いのですが、
場合によって対象外になることもあるので気をつけてくださいね。

続きを読む
posted by 借金・ローン at | 住宅に関する控除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅ローン減税5年程度延長される?


住宅ローン減税5年程度延長される方向にあることをご存知ですか?
現在の住宅ローン減税は2009年からの5年間とされており、
減税額も当初は上限50万円だったそうです。

しかし、その減税額も2013年現在までに段階的に引き下げられて
現在では上限20万円程度になってしまっていますよね。
ですが今出されている案では住宅ローン減税5年程度延長の他にも
上限を以前と同じ50万円にするというものです。

住宅ローン減税5年程度延長と上限50万円が実現できれば
さらに住宅を購入する人が増えると考えている人も多くいます。
また、この他にも使いきることのできなかった減税額を現金給付する案も出ているので
利用者はかなり得する内容になっているのではないでしょうか。

続きを読む
posted by 借金・ローン at | 住宅に関する控除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅ローン減税のあまりを現金給付


以前は住宅ローン減税を受けられるのは2013年12月末までとされていましたが、
現在は2014年以降も引き続き行われていくと発表があったので
焦って住宅を購入する必要が無くなりました。

たかが住宅ローン減税と思うかもしれませんが、この減税を受けるか受けないかで
所得税や住民税といったものの負担が軽くなるのですから決して見逃すことはできません。

現在の住宅ローン減税は借入残高の1%程度が減税額になると言われています。
ですので残高が減っていけばそれだけ減税額も減っていってしまうのですが、
この減税額も14年からは引き上げることを発表していますし
この他にも使いきれなかった分の減税額を現金給付するとも発表したのでより使いやすくなりそうです。
続きを読む
posted by 借金・ローン at | 住宅に関する控除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅ローン減税は借り換え後も受けられるの?


今利用している住宅ローンでは負担が大きいから他の所に借り換えしたいと考えてはいませんか?
良くある話で多くの人がしているので特に問題になるようなことではないのですが、
一つ気になるのか住宅ローン減税についてです。

借り換えをしても住宅ローン減税は受けられるのかということは多くの人が疑問に思っていることです。
今までと同じように受けられるのであれば何の不安も無く借り換えするのですが、
できないとなるとちょっとためらってしまいますよね。

住宅ローン減税は借り換えをしたら絶対に受けられないものというわけではなく、
一定条件を満たすことができるのであれば借り換え後も今までと同じように
控除を受けることができます。
ですのでそこまで心配する必要はありません。

続きを読む
posted by 借金・ローン at | 住宅に関する控除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

繰り上げ返済をし過ぎると住宅ローン減税の減税額が減る


住宅ローンなどの返済には繰り上げ返済というものがあるので
臨時収入があった時などはこの繰り上げ返済をすると予定よりも早く返済し終わることもあります。
とても便利なので利用している人も多いですが、
あまり繰り上げ返済をし過ぎると今度は住宅ローン減税の減税額が少なくなってしまいます。

ですので住宅ローン減税を受けたいと思っている人は
そんなに早いうちから繰り上げ返済はしないという人も多いようですよ。

なぜ繰り上げ返済をすると住宅ローン減税の減税額が少なくなるのかというと、
この減税は借入額に応じて減税額が変わるからです。
減税額は借入額の1%程度と言われているので額が少なくなると
自然に減税額も少なくなってしまうのです。

続きを読む
posted by 借金・ローン at | 住宅に関する控除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。